裁判.in > 法令検索
全ての現行法令8108
法令分類 民事300刑事146憲法72
行政組織  厚生  工業  産業通則  国家公務員  社会福祉  農業  金融・保険  災害対策  環境保全  財務通則  国税  教育  労働  警察  海運  陸運  外事  地方自治  国土開発  都市計画  社会保険  行政手続  建築・住宅  電気通信  地方財政  商業  国債  水産業  文化  司法  鉱業  消防  統計  道路  林業  国有財産  防衛  外国為替・貿易  国会  土地  郵務  航空  観光  事業  河川  貨物運送
8108 件中 11/163 ぺージ
<<前    次>>
7 8 9 10 11 12 13 14 15
留置施設視察委員会の委員の定数及び任期についての基準を定める規則...留置施設視察委員会の委員の定数及び任期についての基準を定める規則...地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(平成二十五年法律第四十四号)の一部の施行に伴い、及び刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(平成十七年法律第五十号)第二十一条第四項の規定に基づき、留置施設視察委員会の委員の定数及び任期についての基準を定める規則を次のように定める。..
平成二十五年原子力規制委員会規則第二十一号...核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和三十二年法律第百六十六号)第二十四条第一項第三号の規定に基づき、試験研究の用に供する原子炉等の位置、構造及び設備の基準に関する規則を次のように定める。...水冷却型研究炉に係る試験研究用等原子炉施設(第三十一条―第四十一条)..
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の業務運営に関する命令...国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の業務運営に関する命令...独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二十八条第二項、第三十条第一項及び第二項第七号、第三十一条第一項、第三十二条第一項、第三十三条並びに第三十四条第一項の規定に基づき、並びに同法を実施するため、独立行政法人日本原子力研究開発機構の業務運営に関する省令を次のように定める。..
平成二十五年政令第二百九十五号 - 2013年施行(災害対策)
平成二十五年九月十五日から同月十七日までの間の暴風雨及び豪雨による災害についての激甚災害並びにこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令...平成二十五年九月十五日から同月十七日までの間の暴風雨及び豪雨による災害についての激甚災害並びにこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令...災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律(昭和三十七年法律第百五十号)第二条第一項及び第二項の規定に基づき、この政令を制定する。..
試験研究の用に供する原子炉等の性能に係る技術基準に関する規則...平成二十五年原子力規制委員会規則第二十三号...試験研究の用に供する原子炉等の性能に係る技術基準に関する規則..
平成二十五年政令第二百三十九号 - 2013年施行(災害対策)
平成二十五年六月八日から八月九日までの間の豪雨及び暴風雨による災害についての激甚災害並びにこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令...平成二十五年六月八日から八月九日までの間の豪雨及び暴風雨による災害についての激甚災害並びにこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令...災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律(昭和三十七年法律第百五十号)第二条第一項及び第二項、第三条第一項、第四条第一項並びに第二十四条第一項の規定に基づき、この政令を制定する。..
厚生労働省関係総合特別区域法第五十三条に規定する政令等規制事業に係る省令の特例に関する措置を定める命令...厚生労働省関係総合特別区域法第五十三条に規定する政令等規制事業に係る省令の特例に関する措置を定める命令...総合特別区域法(平成二十三年法律第八十一号)第五十三条の規定に基づき、厚生労働省関係総合特別区域法第五十三条に規定する政令等規制事業に係る省令の特例に関する措置を定める命令を次のように定める。..
平成二十五年法律第百十号 - 2013年施行(消防)
消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律...消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律...第一条 この法律は、我が国において、近年、東日本大震災という未曽有の大災害をはじめ、地震、局地的な豪雨等による災害が各地で頻発し、住民の生命、身体及び財産の災害からの保護における地域防災力の重要性が増大している一方、少子高齢化の進展、被用者の増加、地方公共団体の区域を越えて通勤等を行う住民の増加等の社会経済情勢の変化により地域における防災活動の担い手を十分に確保することが困難となっていることに鑑み、地域防災力の充実強化に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、地域防災力の充実強化に関する計画の策定その他地域防災力の充実強化に関する施策の基本となる事項を定めることにより、住民の積極的な参加の下に、消防団を中核とした地域防災力の充実強化を図り、もって住民の安全の確保に資することを目的とする。..
再処理施設に係る再処理事業者の設計及び工事に係る品質管理の方法及びその検査のための組織の技術基準に関する規則...平成二十五年原子力規制委員会規則第二十八号...再処理施設に係る再処理事業者の設計及び工事に係る品質管理の方法及びその検査のための組織の技術基準に関する規則..
平成二十五年原子力規制委員会規則第二十七号...核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和三十二年法律第百六十六号)第四十四条の二第一項第四号の規定に基づき、再処理施設の位置、構造及び設備の基準に関する規則を次のように定める。...第一条 この規則において使用する用語は、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律及び使用済燃料の再処理の事業に関する規則(昭和四十六年総理府令第十号。以下「再処理規則」という。)において使用する用語の例による。..
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律...自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律...第一条 この法律において「自動車」とは、道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第一項第九号に規定する自動車及び同項第十号に規定する原動機付自転車をいう。..
再処理施設の性能に係る技術基準に関する規則...平成二十五年原子力規制委員会規則第二十九号...再処理施設の性能に係る技術基準に関する規則..
国土交通省関係総合特別区域法第五十三条に規定する政令等規制事業に係る省令の特例に関する措置を定める命令...国土交通省関係総合特別区域法第五十三条に規定する政令等規制事業に係る省令の特例に関する措置を定める命令...総合特別区域法(平成二十三年法律第八十一号)第五十三条の規定に基づき、国土交通省関係総合特別区域法第五十三条に規定する政令等規制事業に係る省令の特例に関する措置を定める命令を次のように定める。..
加工施設に係る加工事業者の設計及び工事に係る品質管理の方法及びその検査のための組織の技術基準に関する規則...平成二十五年原子力規制委員会規則第十八号...加工施設に係る加工事業者の設計及び工事に係る品質管理の方法及びその検査のための組織の技術基準に関する規則..
平成二十五年法律第五十号 - 2013年施行(刑事)
薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律...薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律...第一条 この法律は、薬物使用等の罪を犯した者が再び犯罪をすることを防ぐため、刑事施設における処遇に引き続き社会内においてその者の特性に応じた処遇を実施することにより規制薬物等に対する依存を改善することが有用であることに鑑み、薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関し、その言渡しをすることができる者の範囲及び猶予の期間中の保護観察その他の事項について、刑法(明治四十年法律第四十五号)の特則を定めるものとする。..
平成二十五年原子力規制委員会規則第十七号...核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和三十二年法律第百六十六号)第十四条第三号の規定に基づき、加工施設の位置、構造及び設備の基準に関する規則を次のように定める。...第一条 この規則において使用する用語は、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律及び核燃料物質の加工の事業に関する規則(昭和四十一年総理府令第三十七号。以下「加工規則」という。)において使用する用語の例による。..
加工施設の性能に係る技術基準に関する規則...平成二十五年原子力規制委員会規則第十九号...加工施設の性能に係る技術基準に関する規則..
平成二十五年法律第七十号 - 2013年施行(厚生)
第一条 この法律は、食品に関する表示が食品を摂取する際の安全性の確保及び自主的かつ合理的な食品の選択の機会の確保に関し重要な役割を果たしていることに鑑み、販売(不特定又は多数の者に対する販売以外の譲渡を含む。以下同じ。)の用に供する食品に関する表示について、基準の策定その他の必要な事項を定めることにより、その適正を確保し、もって一般消費者の利益の増進を図るとともに、食品衛生法(昭和二十二年法律第二百三十三号)、健康増進法(平成十四年法律第百三号)及び農林物資の規格化等に関する法律(昭和二十五年法律第百七十五号)による措置と相まって、国民の健康の保護及び増進並びに食品の生産及び流通の円滑化並びに消費者の需要に即した食品の生産の振興に寄与することを目的とする。...第二条 この法律において「食品」とは、全ての飲食物(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)第二条第一項に規定する医薬品、同条第二項に規定する医薬部外品及び同条第九項に規定する再生医療等製品を除き、食品衛生法第四条第二項に規定する添加物(第四条第一項第一号及び第十一条において単に「添加物」という。)を含む。)をいう。...第三条 販売の用に供する食品に関する表示の適正を確保するための施策は、消費者基本法(昭和四十三年法律第七十八号)第二条第一項に規定する消費者政策の一環として、消費者の安全及び自主的かつ合理的な選択の機会が確保され、並びに消費者に対し必要な情報が提供されることが消費者の権利であることを尊重するとともに、消費者が自らの利益の擁護及び増進のため自主的かつ合理的に行動することができるよう消費者の自立を支援することを基本として講ぜられなければならない。..
海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法...海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法...第一条 この法律は、海賊多発海域において、原油その他の国民生活に不可欠な物資であって輸入に依存するものの輸送の用に供する日本船舶の航行に危険が生じていることに鑑み、その航行の安全を確保するため、国土交通大臣の認定を受けた計画に係る日本船舶において、特定警備を実施することができる等の特別の措置について定めるものとする。..
海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法施行令...海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法施行令...内閣は、海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法(平成二十五年法律第七十五号)第二条第二号及び第四号、第七条第二号ロ、ヌ及びル並びに第十四条第一項の規定に基づき、この政令を制定する。..
平成二十五年環境省令第七号 - 2013年施行(環境保全)
環境影響評価法施行令別表第三の十の項の第三欄に規定する値を定める省令...環境影響評価法施行令別表第三の十の項の第三欄に規定する値を定める省令...公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成二十四年政令第二百五十二号)の施行に伴い、及び環境影響評価法施行令(平成九年政令第三百四十六号)別表第三の十の項の第三欄の規定に基づき、環境影響評価法施行令別表第三の十の項の第三欄に規定する値を定める省令を次のように定める。..
海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法施行規則...海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法施行規則...海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法(平成二十五年法律第七十五号)の規定に基づき、海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法施行規則を次のように定める。..
消防用ホースに使用する差込式又はねじ式の結合金具及び消防用吸管に使用するねじ式の結合金具の技術上の規格を定める省令...消防用ホースに使用する差込式又はねじ式の結合金具及び消防用吸管に使用するねじ式の結合金具の技術上の規格を定める省令...消防法(昭和二十三年法律第百八十六号)第二十一条の十六の三第一項の規定に基づき、消防用ホースに使用する差込式又はねじ式の結合金具及び消防用吸管に使用するねじ式の結合金具の技術上の規格を定める省令を次のように定める。..
平成二十五年政令第六十一号 - 2013年施行(災害対策)
平成二十四年等における特定地域に係る激甚災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令...平成二十四年等における特定地域に係る激甚災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令...災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律(昭和三十七年法律第百五十号)第二条第一項及び第二項、第三条第一項、第四条第一項並びに第二十四条第一項の規定に基づき、この政令を制定する。..
海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法第十六条第四項の規定による都道府県公安委員会への通知に関する命令...海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法第十六条第四項の規定による都道府県公安委員会への通知に関する命令...海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法(平成二十五年法律第七十五号)第十六条第四項の規定に基づき、海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法第十六条第四項の規定による都道府県公安委員会への通知に関する命令を次のように定める。..
消防法(昭和二十三年法律第百八十六号)第二十一条の十六の三第一項の規定に基づき、消防用ホースの技術上の規格を定める省令(昭和四十三年自治省令第二十七号)の全部を改正する省令を次のように定める。...第一条 この省令は、消防用ホースの技術上の規格を定めるものとする。...一 消防用ホース 消防の用に供する平ホース、保形ホース、大容量泡放水砲用ホース及び濡れホースをいう。..
消防用ホースの技術上の規格を定める省令等の施行に伴う消防法施行令第三十条第二項及び危険物の規制に関する政令第二十二条第二項の技術上の基準に関する特例を定める省令...消防用ホースの技術上の規格を定める省令等の施行に伴う消防法施行令第三十条第二項及び危険物の規制に関する政令第二十二条第二項の技術上の基準に関する特例を定める省令...消防用ホースの技術上の規格を定める省令(平成二十五年総務省令第二十二号)、消防用ホースに使用する差込式又はねじ式の結合金具及び消防用吸管に使用するねじ式の結合金具の技術上の規格を定める省令(平成二十五年総務省令第二十三号)及び漏電火災警報器に係る技術上の規格を定める省令(平成二十五年総務省令第二十四号)の施行に伴い、消防法施行令(昭和三十六年政令第三十七号)第三十条第二項及び危険物の規制に関する政令(昭和三十四年政令第三百六号)第二十二条第二項の規定に基づき、消防用ホースの技術上の規格を定める省令(平成二十五年総務省令第二十二号)等の施行に伴う消防法施行令第三十条第二項及び危険物の規制に関する政令第二十二条第二項の技術上の基準に関する特例を定める省令を次のように定める。..
漏電火災警報器に係る技術上の規格を定める省令...漏電火災警報器に係る技術上の規格を定める省令...消防法(昭和二十三年法律第百八十六号)第二十一条の十六の三第一項の規定に基づき、漏電火災警報器に係る技術上の規格を定める省令(昭和五十一年自治省令第十五号)の全部を改正する省令を次のように定める。..
平成二十五年政令第三百六十六号 - 2013年施行(地方自治)
地方公共団体情報システム機構の設立に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令 抄...地方公共団体情報システム機構の設立に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令 抄...内閣は、地方公共団体情報システム機構法(平成二十五年法律第二十九号)附則第五条第四項及び関係法律の規定に基づき、この政令を制定する。..
平成二十五年法律第二十九号 - 2013年施行(地方自治)
第一条 地方公共団体情報システム機構は、地方公共団体が共同して運営する組織として、住民基本台帳法(昭和四十二年法律第八十一号)、電子署名等に係る地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律(平成十四年法律第百五十三号)及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成二十五年法律第二十七号)の規定による事務並びにその他の地方公共団体の情報システムに関する事務を地方公共団体に代わって行うとともに、地方公共団体に対してその情報システムに関する支援を行い、もって地方公共団体の行政事務の合理化及び住民の福祉の増進に寄与することを目的とする。...2 機構の住所は、その主たる事務所の所在地にあるものとする。...第四条 機構の資本金は、附則第五条第二項の規定により地方公共団体から出資されたものとされる金額とする。..
消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律...消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律...共通義務確認訴訟に係る民事訴訟手続の特例(第三条―第十一条)..
新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令...新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令...内閣は、新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成二十四年法律第三十一号)第二条第四号から第六号まで、第十二条第二項、第三十一条第一項、第三十二条第一項、第三十八条第四項、第四十一条、第四十二条第一項、第四十五条第二項、第四十八条第二項、第五十五条第一項、第五十六条第一項及び第三項、第六十条、第六十二条第二項及び第三項、第六十三条、第六十九条第一項(同条第二項において読み替えて準用する場合を含む。)、第七十一条第一項並びに第七十五条、同法第四十四条において読み替えて準用する災害対策基本法(昭和三十六年法律第二百二十三号)第三十二条並びに新型インフルエンザ等対策特別措置法第七十一条第二項において準用する災害対策基本法第八十一条第三項の規定に基づき、この政令を制定する。..
新型インフルエンザ等対策特別措置法第六十四条の規定による医薬品等の譲渡等の特例の手続に関する省令...新型インフルエンザ等対策特別措置法第六十四条の規定による医薬品等の譲渡等の特例の手続に関する省令...新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成二十四年法律第三十一号)第六十四条の規定に基づき、新型インフルエンザ等対策特別措置法第六十四条の規定による医薬品等の譲渡等の特例の手続に関する省令を次のように定める。..
平成二十五年法律第六十五号 - 2013年施行(社会福祉)
障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律...障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律...障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針(第六条)..
平成二十五年法律第五十一号 - 2013年施行(産業通則)
第一条 株式会社海外需要開拓支援機構は、我が国の生活文化の特色を生かした魅力ある商品又は役務の海外における需要の開拓を行う事業活動及び当該事業活動を支援する事業活動(以下「対象事業活動」と総称する。)に対し資金供給その他の支援等を行うことにより、対象事業活動の促進を図り、もって当該商品又は役務の海外における需要及び供給の拡大を通じて我が国経済の持続的な成長に資することを目的とする株式会社とする。...第三条 政府は、常時、機構が発行している株式(株主総会において決議することができる事項の全部について議決権を行使することができないものと定められた種類の株式を除く。以下この条において同じ。)の総数の二分の一以上に当たる数の株式を保有していなければならない。...第四条 機構は、会社法(平成十七年法律第八十六号)第百九十九条第一項に規定する募集株式(第四十四条第一号において「募集株式」という。)、同法第二百三十八条第一項に規定する募集新株予約権(同号において「募集新株予約権」という。)若しくは同法第六百七十六条に規定する募集社債(第三十四条及び同号において「募集社債」という。)を引き受ける者の募集をし、株式交換に際して株式、社債若しくは新株予約権を発行し、又は資金を借り入れようとするときは、経済産業大臣の認可を受けなければならない。..
株式会社海外需要開拓支援機構法(平成二十五年法律第五十一号)第十八条第八項及び第九項並びに第十九条第二項第二号の規定に基づき、並びに同法を実施するため、株式会社海外需要開拓支援機構法施行規則を次のように定める。...第一条 株式会社海外需要開拓支援機構法(以下「法」という。)第十八条第八項の規定による議事録の作成については、この条の定めるところによる。...2 議事録は、書面又は電磁的記録(法第十八条第九項に規定する電磁的記録をいう。以下同じ。)をもって作成しなければならない。..
平成二十五年政令第二百七十四号 - 2013年施行(産業通則)
株式会社海外需要開拓支援機構法第四条第三項の倍数を定める政令...株式会社海外需要開拓支援機構法第四条第三項の倍数を定める政令...株式会社海外需要開拓支援機構法第四条第三項の政令で定める倍数は、一とする。..
第一条 この法律は、交通に関する施策について、基本理念及びその実現を図るのに基本となる事項を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにすることにより、交通安全対策基本法(昭和四十五年法律第百十号)と相まって、交通に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって国民生活の安定向上及び国民経済の健全な発展を図ることを目的とする。...(交通に関する施策の推進に当たっての基本的認識)...第二条 交通に関する施策の推進は、交通が、国民の自立した日常生活及び社会生活の確保、活発な地域間交流及び国際交流並びに物資の円滑な流通を実現する機能を有するものであり、国民生活の安定向上及び国民経済の健全な発展を図るために欠くことのできないものであることに鑑み、将来にわたって、その機能が十分に発揮されることにより、国民その他の者(以下「国民等」という。)の交通に対する基本的な需要が適切に充足されることが重要であるという基本的認識の下に行われなければならない。..
平成二十五年法律第九十五号 - 2013年施行(災害対策)
強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法...強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法...我が国は、地理的及び自然的な特性から、多くの大規模自然災害等による被害を受け、自然の猛威は想像を超える悲惨な結果をもたらしてきた。我々は、東日本大震災の際、改めて自然の猛威の前に立ち尽くすとともに、その猛威からは逃れることができないことを思い知らされた。..
平成二十五年政令第二百六十一号 - 2013年施行(社会福祉)
児童扶養手当法による児童扶養手当の額等の改定の特例に関する法律第二項の規定に基づき児童扶養手当等の改定額を定める政令の一部を改正する等の政令 抄...児童扶養手当法による児童扶養手当の額等の改定の特例に関する法律第二項の規定に基づき児童扶養手当等の改定額を定める政令の一部を改正する等の政令 抄...内閣は、国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律(平成二十四年法律第九十九号)の一部の施行に伴い、児童扶養手当法による児童扶養手当の額等の改定の特例に関する法律(平成十七年法律第九号)第二項及び児童扶養手当法(昭和三十六年法律第二百三十八号)第九条第一項の規定に基づき、この政令を制定する。..
船員法(昭和二十二年法律第百号)第十一章の二及び船員法関係手数料令(昭和三十七年政令第三百六十二号)の規定に基づき、並びに同法を実施するため、船員の労働条件等の検査等に関する規則を次のように定める。...第二条 法第百条の二第一項の国土交通省令で定める特別の用途に供される船舶は、次に掲げる者が所有し又は運航する船舶であって非商業的目的のみに使用されるものとする。...三 独立行政法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。)..
国土交通省関係警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行規則...国土交通省関係警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行規則...警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律(平成二十四年法律第三十四号)第十二条において読み替えて準用する同法第十一条並びに警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行令(平成二十五年政令第四十九号)第二条及び第四条の規定に基づき、国土交通省関係警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律施行規則を次のように定める。..
平成二十五年法律第四十一号 - 2013年施行(産業通則)
消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法...消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法...特定事業者による消費税の転嫁の拒否等の行為の是正に関する特別措置(第三条―第七条)..
平成二十五年法律第九十七号 - 2013年施行(災害対策)
東日本大震災における原子力発電所の事故により生じた原子力損害に係る早期かつ確実な賠償を実現するための措置及び当該原子力損害に係る賠償請求権の消滅時効等の特例に関する法律...東日本大震災における原子力発電所の事故により生じた原子力損害に係る早期かつ確実な賠償を実現するための措置及び当該原子力損害に係る賠償請求権の消滅時効等の特例に関する法律...第一条 この法律は、平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故による災害が大規模で長期間にわたる未曽有のものであり、特定原子力損害(当該事故による損害であって原子力事業者(原子力損害の賠償に関する法律(昭和三十六年法律第百四十七号)第二条第三項に規定する原子力事業者をいう。)が同法第三条第一項の規定により賠償の責めに任ずべきものをいう。以下同じ。)を被った者(以下「特定原子力損害の被害者」という。)のうちに今なお不自由な避難生活を余儀なくされその被った損害の額の算定の基礎となる証拠の収集に支障を来している者が多く存在すること、個々の特定原子力損害の被害者に性質及び程度の異なる特定原子力損害が同時に生じその賠償の請求に時間を要すること等により、特定原子力損害に係る賠償請求権の行使に困難を伴う場合があることに鑑み、特定原子力損害の被害者が早期かつ確実に賠償を受けることができるようにするための体制を国が構築するために必要な措置について定めるとともに、特定原子力損害に係る賠償請求権の消滅時効等の特例を定めるものとする。..
平成二十五年政令第二百六十九号 - 2013年施行(産業通則)
消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法施行令...消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法施行令...内閣は、消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法(平成二十五年法律第四十一号)第二条第三項第五号、第十三条第一項、第十九条及び第二十条の規定に基づき、この政令を制定する。..
電気用品の技術上の基準を定める省令の全部を改正する省令...第一条 この省令は、電気用品安全法第八条第一項に規定する経済産業省令で定める技術上の基準を定めるものとする。...第二条 電気用品は、通常の使用状態において、人体に危害を及ぼし、又は物件に損傷を与えるおそれがないよう設計されるものとする。..
内閣は、船員法(昭和二十二年法律第百号)第百条の十三第一項及び第百条の二十六第三項の規定に基づき、この政令を制定する。...(外国登録検査機関の事務所等における検査に要する費用)...第二条 法第百条の二十六第三項の政令で定める費用は、同条第二項第六号の検査のため同号の職員が当該検査に係る事務所又は事業所の所在地に出張するのに要する旅費の額に相当する費用とする。この場合において、その旅費の額は、その出張する職員を二人とし、これらの職員が一般職の職員の給与に関する法律(昭和二十五年法律第九十五号)第六条第一項第一号イに規定する行政職俸給表(一)による職務の級が六級である者であるものとして、国家公務員等の旅費に関する法律(昭和二十五年法律第百十四号)の規定の例により計算するものとし、旅行雑費の額その他その旅費の額の計算に関し必要な細目は、国土交通省令で定める。..
消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法第二条第一項第一号の大規模小売事業者を定める規則...消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法第二条第一項第一号の大規模小売事業者を定める規則...消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法(平成二十五年法律第四十一号)第二条第一項第一号の大規模小売事業者を定める規則を次のように定める。..
船員法の一部を改正する法律の一部の施行に伴う国土交通省関係省令の整備及び経過措置に関する省令 抄...船員法の一部を改正する法律の一部の施行に伴う国土交通省関係省令の整備及び経過措置に関する省令 抄...船員法の一部を改正する法律(平成二十四年法律第八十七号)の一部の施行に伴い、並びに関係法令の規定に基づき、及び関係法令を実施するため、船員法の一部を改正する法律の一部の施行に伴う国土交通省関係省令の整備及び経過措置に関する省令を次のように定める。..
平成二十五年内閣府令第五十九号 - 2013年施行(産業通則)
消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法第八条第三号の規定による消費税に関連して取引の相手方に経済上の利益を提供する旨の表示に関する内閣府令...消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法第八条第三号の規定による消費税に関連して取引の相手方に経済上の利益を提供する旨の表示に関する内閣府令...消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法(平成二十五年法律第四十一号)第八条第三号の規定に基づき、消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法第八条第三号の規定による消費税に関連して取引の相手方に経済上の利益を提供する旨の表示に関する内閣府令を次のように定める。..
8108 件中 11/163 ぺージ
<<前    次>>
7 8 9 10 11 12 13 14 15

saiban.in